川嶋針灸整骨院

健康レポート

メタボリックシンドローム(代謝異常症候群)

−ウエスト周りが男性で85p、女性で90pを越すと、心筋梗塞や脳梗塞で倒れて死亡する危険が高まる−。

 この話をきいて、ドキッとした人が多いはずです。数年前から我々が頻繁に耳にするようになった「メタボリック」という言葉ですが、皆さんはこの言葉の意味をきちんと把握してるでしょうか?

 上記の数字を越している場合、断層撮影装置(CT)で撮った胴体の輪切り像では、小腸や大腸など臓器の間を埋めている内臓脂肪の面積が100平方pにほぼ等しいのです。この脂肪は腹筋など体表についている皮下脂肪とは全く別物であり、心臓・血管系の病気の元凶とされています。

 女性の方が男性より甘い数字になっているのは、女性はもともと皮下脂肪層が厚いためです。皮下脂肪は本来、食糧難や重病にかかって食べられなくなったときに利用する栄養貯蔵庫のようなもので、内臓脂肪は少ない方が望ましいのです。

 「ウエスト周りが男性で85p、女性で90p以上」という基本要件の他に、次の3項目のうち2つ以上が「YES」の場合、メタボリックシンドローム(代謝異常症候群)と診断されます。

 

@最大血圧が130以上か、最小血圧が85以上

A中性脂肪が150以上か、善玉(HDL)コレステロールが40以下

B空腹時血糖値が110以上

 ※A・Bの単位は血液100ミリリットル中のミリグラム

 

 これらの数値は、「高血圧症」や「高脂血症」、「糖尿病」などの診断基準に比べて甘いように思えますが、いくつか重なった場合には、複合して血管に障害を及ぼすのです。つまり、高血圧やタバコの有害物質によって動脈に傷がつくと、血中脂肪の濃度が高ければ、それが動脈の傷に押し込まれます。こうして動脈硬化が進行してくると、ちょっとしたはずみで心筋梗塞や脳梗塞の発作が起こってしまうのです。

 

生活習慣を見直すだけでOK

 内臓の周辺を埋め尽くした脂肪を減らすには、どうすれば良いのか。実は、特別な薬など必要ではなく、食事や運動など日々の生活習慣に気を配っていれば良いのです。要するにメタボリックシンドロームは、高カロリー、高脂肪食のとり過ぎと運動不足を原因とする、初期段階の生活習慣病なのです。

 ライフスタイルを再点検して、作業量に見合ったほどほどのカロリー摂取を心がけ、こまめに体を動かせていれば大事には至らないのです。

 


肥満解消食事法
□食事は楽しくよく噛んで、栄養確保で少食に!
 「医食同源」という言葉がありますが、本当に「食」は健康のもとです。食べることは、すなわち健康の証なのです。太りすぎ、痩せすぎ、そのどちらも度を超すと、体にも美容にも害を及ぼします。

【タンパク質】
 麦ご飯(麦2割+7〜8分づきの米8割)+納豆に野菜・海草などで具沢山の味噌汁も必ず添えてください。穀物と豆を重量比2:1でとれば、必須アミノ酸は理想的なプロテインスコア100になります。タンパク質は全摂取エネルギーの15%程度が最適です。

【糖 質】
 複合糖質(精白しない穀物など)を中心に毎食芋類も適量とり、全摂取エネルギーの70%程度を複合糖質でとりましょう。
 白米・白パン・白砂糖などの精製糖質は、急激な高血糖や低血糖症、腸の炎症を招き、アレルギーを引き起こしやすくなります。

【脂 質】
 食用油・バター・マーガリンなどの油脂を極力カットし、煎ったすりゴマを何でも大さじでたっぷりかけて食べましょう。脂質は全摂取エネルギーの10%以下に抑えます。

【食物繊維】
 言わずとしれた野菜の摂取です。人間はもともと草食動物のため、動物性食品は消化が苦手です。ドレッシングやマヨネーズ等の油脂食品を避け、生野菜・油炒めではなく、スープか煮て食べるのが好ましいでしょう。

【ビタミン・ミネラル等】
 微量栄養素は毎食確保しましょう。

入浴のしかたについて
 入浴は湯の温度によって10〜20度を寒浴、20〜30度を冷浴、30〜35度を微温浴、35〜40度を温浴、40〜45度を高温浴と呼んでいます。また、入浴する部位によって全身浴、半身浴、坐浴、手浴、足浴に分けることができます。
 入浴は、日常生活のなかで簡単に体を温める方法ですが、体が温まると、心臓の始動や呼吸が速くなり、血液循環がよくなり、血液中の疲労物質である「乳酸」の排泄が促進されます。
 しかし入浴方法を間違えると、拡張した血管が、入浴後における寒冷刺激によって血管の反応的収縮を起こして、痛みの増悪を引き起こすのです。しかも熱い湯による全身浴は、交感神経を緊張させ、皮膚の血管は収縮して血圧があがり、さらに浴槽の水圧が加わるため末梢の血液が流れにくくなってしまいます。
 したがって、熱い湯に肩までつかってあがる「カラスの行水」や全身を高温で熱くする「サウナ風呂」は、皮膚の表面がバリアをつくり、体内に熱が入らないようにするため皮膚表面だけが熱くて、体の深部は冷えた状態となってしまいます。まさに「強火の近火で焼いた餅」のように、表面が黒く焦げて“しん”は硬い状態です。
 みなさんも、温泉に行ったのにやたらと怠くなって疲れたり、湯治に行って症状が悪化した経験があるのではないでしょうか?これは温泉が前述した40〜45度の高温(高温浴)が多いこと、肩まですっぽりつかってすぐあがり、それを1日に何度も繰り返すことに起因すると推測されます。
 湯の温度は人によって好みがありますが、健康によい入浴法は38〜40度の温浴で、体温に近い“ぬるめの湯”に15〜20分つかるのが疲労回復に適しています。冬なら40度、夏なら38度で、額や鼻が汗ばむ程度が目安となります。
 また、全身浴は心臓や肺に負担がかかるため、胸までつかる「半身浴」にするのがよいでしょう。「半身浴」はエネルギーの消費が最も少なく、しかも下半身が温まるだけで全身の血行がよくなります。そのため、体の表面の血管だけでなく、深部の血管まで拡張し、軽い脳の貧血状態になるため、神経の緊張が緩み、気分が落ち着いて眠りやすい状態になるのです。
 また、ぬるい湯は、熱い湯とは逆に副交感神経が優位となり、疲労物質は汗や尿となって体外に排泄され“こり”が40%以上解消されることも実験で明らかになっています。
 しかも、入浴後における血管の反応的収縮による痛みの増悪を防止することも可能となります。したがって「ぬるい湯」で長時間の「半身浴」が、入浴法の最大のポイントといえるでしょう。

Q&A 患者さんからよく受ける質問です
 Q:「針灸治療の後、入浴してもいいんですか?」

 A:基本的に問題ありません。治療後、2時間以上あけて入れば治療効果が高まります。
 ※症状により、入浴を控えてもらう場合はあります

肩こり予防生活
◆肩こり原因生活チェック◆
 肩こりを悪化させる要因は日常生活の中にひそんでいます。毎日の生活のなかで下記の項目に該当しないよう注意することが大切です。

チェック1:正しい姿勢をしていますか?
 読書やテレビなど、寝転がって読んだり、肘枕をしながら見たりしていませんか?座位や立位においても体が前かがみ(猫背)にならないよう注意しましょう。

チェック2:正しい枕を使用していますか?
 起床時に首や肩に痛みや重苦しさを感じるときは、枕を確認してください。枕は頭だけではなく首も乗せられ、肩の負担を軽くできるものがよいでしょう。

チェック3:休息をとり気分転換してますか?
 パソコンや書き物など、作業時には1時間ごとに体を伸ばしたり膝を伸ばすなど、気分転換をしましょう。

チェック4:肩を冷やしていませんか?
 季節の変わり目や、朝晩の温度変化、夏場の冷房や冬場の風呂上がりなど、肩を冷やさないように注意しましょう。

チェック5:運動不足になっていませんか?
 趣味でやるスポーツはもちろんのこと、ジョギングや散歩を日常的に習慣づけることは、肩こりの予防に大変有効です。


◆肩こり体操◆
@力を込めながら肩が両耳につくようなイメージですくめて、一気に力を抜いて肩をストンとおろします。

A両腕を左右に広げて、左右の肩甲骨を真ん中に寄せるようにします。

B両手のひらを腕の前で合わせ、肩甲骨が両側に離れるようなイメージで力を入れます。

C組んだ両手を額に当て、手と頭を押し合います。また手を頭の後ろに組み同じように押し合います。

D側頭部に手を当て、手と頭で押し合います。左右行い、頭の位置が動かないように注意しましょう。

※上記体操を5秒間ずつ力を入れて行います。



| 1 | 2 | 3 |